本文へ移動

私にもできる!カンパチのさばき方 = Step 1. =

Step 1. まずは準備から

用意するもの

包丁(あれば出刃包丁、刺身包丁の2本)、フキン(タオル等、数枚)、まな板

ワンポイントアドバイス

初心者の場合は、まな板の上にタオルを敷いてその上でさばくと、魚が滑らないので扱いやすいですよ。
さあ、最初の難関です。大ぶりの魚だけに力がいるところもありますが、気合を入れて頑張りましょう!

1) まずエラを切ります。

エラぶたを上にあげて包丁を差し入れましょう。 赤いひらひらのエラの下側に膜がありますから、そこを切り離します。 次に、エラぶたとエラぶたの付け根(人でいうと喉辺り)を切って、エラを取り除けるようにします。 反対側のエラも同じように包丁を入れましょう。

2) ハラを切ります。

先程切ったエラぶたの付け根のほうから腹に包丁を入れ、肛門まで一気に切れ込みを入れましょう。 ハラワタは切らないように注意しましょう。

3) エラごと内臓を取ります。

ハラを開いたことで奥が見えやすくなったので、 中をのぞきながら「身」と「エラ・ハラワタ」を切り離しましょう。 エラとハラワタはつながっているので、そのまま引っ張って、身から離します。 腹の中をのぞくと血合いが見えるので、そこも包丁の先で切っておきましょう。
 ここまでを動画で確認!

4) 水でカンパチ・まな板・包丁を洗いましょう。清潔なフキンで水気をふき取ります。

身を水につけすぎると味が落ちてしまうので、カンパチはさっと洗いましょう。 カンパチを水で洗うのはここだけです。 水気をきちんと拭き取り、これから以降は身に血がついてしまった時も、 水で洗わずフキンを使ってきれいにしましょう。
ここまでは大丈夫ですか?とりあえず、「頭・内臓」と「身」に分かれました。次は「身」を三枚におろしていきます。
鹿屋市漁業協同組合
〒891-2321
鹿児島県鹿屋市古江町7468番地
TEL.0994-46-3111
FAX.0994-46-2251
0
8
0
7
0
5
TOPへ戻る