当漁協製造のカンパチフィーレの安全確認について

平成29年11月13日
 
お客様 各位
 
当漁協製造のカンパチフィーレの安全確認について
 
 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 この度は、鹿屋市漁業協同組合フィーレ加工場にて製造されたカンパチフィーレから国
の基準値を超えるチアベンダゾールが検出されたことによりお客様へ多大なご迷惑とご心
配をおかけした事を心よりお詫び申し上げます。
 平成29年10月20日より原因究明の為、フィーレ加工場を停止しておりましたが、
この度原因の判明及び安全性に問題のないことを確認致しましたので平成29年11月13日
からフィーレ加工場を再稼働させていただきます。
 今回の件を真摯に受け止め、同様の事故を発生させないよう再発防止に努めて参ります
ので何卒ご容赦頂き、今後とも鹿屋市漁業協同組合の変わらぬお引き立てのほど、重ねて
お願い申し上げます。
 詳細につきましては、下記のとおりとなっております。
 
 
 
1 対象商品     養殖カンパチフィーレ(生食用)。
   
 
2 原因       真空包装時にカンパチフィーレの下に敷く吸水シートにより検出。
   
 
3 対策       今まで使用していた吸水シートを別の安全な吸水シートに切り替える。
   
 
4 安全性の確認   フィーレ加工場の通常行程で加工し、新しく選定した吸水シートを使用
           したカンパチフィーレの検査と加工場内設備の拭き取り検査を外部検査
           機関に依頼し、その結果カンパチフィーレと加工場内設備などからチア
           ベンタゾールは検出されませんでした。
 
 
5 再発防止策    フィーレ加工場に納入される吸水シートに関しては、納入ロットごとに
           外部検査機関に検査を依頼し、異物が混入していないことを確認してい
           きます。
 
 
鹿 屋 市 漁 業 協 同 組 合
代表理事組合長 皆倉 貢
 
 
 
 
 
鹿児島かのやカンパチのアヒージョ
みなさまのお役に立てるパートナーとして。
私たち鹿屋市漁業協同組合はみなさま一人ひとりに向き合い、つねに求められるよきパートナーとして地域や社会に貢献してまいります。このホームページから「業務に関すること」や「知りたい情報」など、みなさまのお役に立てるタイムリーな情報をお届けします。